イチョウ葉と糖尿病サプリメント

イチョウ葉には血糖値の上昇を抑える効果があるとされており、糖尿病サプリメントとして用いる人は少なくありません。イチョウは日本では街路樹や庭木によく使われている植物で、原産地は中国です。イチョウ葉のエキスには、様々な有効成分が含まれています。ルチン、クルセチン、カテキンなどでよく知られています。血液の流れを良くするとして、イチョウ葉エキスはサプリメントによく用いられています。サプリメントでイチョウ葉エキスを補給することで、ガンや脳卒中、動脈硬化対策になるといいます。イチョウ葉エキスによって血液の流れがよくなるのは、血管拡張効果がえるためです。もろくなった血管壁を修復したり、血管内の血栓を防止し、血液の状態を改善することで糖尿病の予防や対策の効果が得られます。ただし、サプリメントは薬と違って、糖尿病に対する治療効果は期待できません。体質を改善することによって、糖尿病が悪化しづらい体質になるというものです。イチョウ葉が含有している成分は、互いに互いの効果を引き出していることがわかっており、サプリメントとしても重宝されています。イチョウ葉の血液をサラサラにする効果は、アスピリンのような抗凝固作用のある薬の効果を強くしすぎるなどの影響があります。体内のインスリン分泌に対しても、イチョウ葉エキスのサプリメントを飲むことは変動要素になるといいます。糖尿病の薬を飲んでいる時にサプリメントを飲んでもいいか迷ったら、薬局や病院に聞いてみてください。