債務整理を主に行っているのは弁護士と認定司法書士

個人再生や自己破産といった他の債務整理は、裁判所を介しての手続きとなるため、弁護士費用に加えて裁判所費用も必要です。

費用の目安はそれぞれ、個人再生ならば50万円以上、自己破産であれば30万円以上は必要になります。無料相談を受け付けている弁護士事務所、司法書士事務所もあります。借金返済 弁護士

債務整理の手続きの流れや具体的な費用はもちろん、専門家の雰囲気も確認できる無料相談は、実際に依頼する事務所を選定するうえで非常に有効です。ただし、自己破産の際は、負債とともに高価な財産が処分されてしまいます。具体的には99万円を超える現金と、時価額20万円を超える財産です。多くの場合、住宅や車が処分されてしまう点は忘れないようにしておきましょう。

もちろんケースバイケースではあるものの、任意整理は債務整理の中でもっとも費用のかからない方法だといえるでしょう。司法書士も弁護士と同じように任意整理の交渉を本人に代わってすることができます。ただし、こちらも経済的利益が140万円以下の場合に限ります。経済的利益というのは、実際に本人の手元に入ってくる金額のことをいいます。

自己破産のように、家や車などの財産を処分する必要がありませんし、特定の職業に就けなくなる、などの制限もありません。個人再生は、借金額が大きく全額返済は困難という状況に陥っているものの、家を処分したくないという方、自己破産すると職を失うという方におすすめの債務整理方法です。