幼児の英語教育は特に発音の上達が早くなる

幼児の耳が聞き取りやすい時期に英語を学習すると、発音がよくなる場合が多いことや、小さい頃から英語に触れることで苦手意識がなく英語を始める事ができるのが大きな理由です。さらに、まだ恥ずかしいという感情が育っていない時から英語を始める事で、自分が聞いた音と同じ発音に挑戦できるため、和製英語にならないと思うからです。英語が生活の一環として取り入れられるのも、幼児教育の利点で、勉強と思ってしないから、楽しく続ける事ができ、学校で習った時にも効率よく吸収する事ができると思います。自分も、お仕事で4歳児の英語教育に関わらせてもらっていますが、素直に英語を受入れ、上手に発音もできているので、中学生よりも好奇心も旺盛な時期に英語をできるのはいいと思います。
メリットは、より多くの時間を英語にさく事ができるため、英語の上達、特に、発音の上達が早いところと、楽しく、苦にならずに勉強ができる点です。さらに、好奇心が旺盛な時期なので、いろんな単語を生徒が興味を持ったことに関連付けて教える事ができ、興味がある分、その単語を覚えられている点です。
デメリットとしては、始めてしばらくして、その後やめてしまうと、学校で英語を習った時に、全くやったことのない生徒と同じような感覚になる点です。特に、読み、書きについては、小さい頃に教えるのは困難ですし、教えられたとしても、覚えておくのが困難な事が多いため、繰り返し学習させないといけないため、復習に時間を取られてしまうという点です。
https://www.indastria.info/