本格的な米づくりを体験できる「天穂のサクナヒメ」

「天穂のサクナヒメ」は、仲間たちと一緒に米づくりに励むリアルなお米づくりシミュレーションと、さまざまなステージに挑んでいく2Dアクションが融合したゲームです。四季や時間の変化が存在し、その日、その季節にどう過ごすかによって、主人公の「サクナヒメ」の成長や島の探索などに影響を与えます。
サクナヒメたちの生活の基本は、“米づくり”です。自分たちが食べる食材は自分たちで用意しないといけないので、仲間と一緒に暮らす家で田んぼを耕し稲を育てていき、収穫した食材で料理をします。
この米づくりですが、日本伝統の米づくりの手法をベースに、非常にこだわりのあるシステムになっているのです。土を耕す「田起こし」、田んぼに稲を植える「田植え」、実った稲を刈り取る「稲刈り」、稲から籾を外していく「脱穀」、稲の殻を取り除き精米する「籾摺り」などの本格的な作業を行っていきます。
今回は、天穂のサクナヒメの米づくりの行程について、「田植期」と「育成期」を詳しく紹介します。なお、ここでは、PlayStation4版の操作で解説します。
・田植期「田起こし」
冬に行う田植期の最初の作業です。土を耕すには、コントローラーの「□ボタン」を押すだけです。耕していくと土の色が変わってくるので、全体がしっかり耕せるように、色の変化を確かめながら移動して耕しましょう。たまに邪魔な石が落ちている時があるので、見つけたら取り除きましょう。色の変わっていないところを見つけながら耕していくのは大変ですが、手間をかけて土を耕すほど、稲がしっかりと張りよく育つので、手を抜けない作業です。