池袋の牛丼チェーン店で…

お金がなくて困ったときの私の話をさせていただきます。
まだ1年ほど前の話です。
池袋で朝まで遊んで、早朝4時半ごろ、友達と別れ、私の乗る電車はまだ始発が動いていなかったこともあり、またお腹がすいていたので24時間やっている牛丼チェーン店によりました。
そこのお店は食券制度ではなかったので、普通にオーダーしておいしく牛丼を頂き、お会計をしようとしたところ、なんとお財布の中身が130円程度しか入っていない…!ということに気づきました。
恥ずかしながら、カウンターの前で何度も調べ、お札も小銭もないことに気づき、仕方がないので、電車の定期券に残っているお金を足して払うことにしました。
…しかし、それでも注文したお代金にはならず、クレジットカードもデビットカードも持ち合わせておらず、私は牛丼チェーン店のたった400円程度のお金すら払うことができないことに気づきました。
コンビニエンスストアなどで使えるクオカードは使えず、いろいろなところからかき集めても残り100円程度のお代金が払えませんでした。
しばらくカウンターの前でもたもたしている私を店員さんも見ており、事情を話して、今日の夕方辺りに必ず払いに戻ってきますという話をして、その時間はそのままあまりの100円ほどを払わずに帰りました。
驚きました。そして、その日の午後、再度同じお店に伺い(もちろん店員さんはシフトが変わっていたので)朝お世話になったものですと残りのお金を返しに行ったところ、店員さんは「そんなことがあったんですね」と、受け取られました。
私の中では大きな事件だったのですが、お店の店員さんからしたら、たいしたことはなかったのかもしれない…と思いつつ、その日のうちに返しに行くことができて、私はすっきりしましたし、朝のシフトの店員さんには感謝しています。
そんな借金まみれの生活でしたが、いまではなんとか立ち直ることができました。
>>参考:借金を返す方法