海には利息がつく場所がある

海底の利息ある一人の老人がよく釣りに出かけていた沖釣りである。
老人は暇さえあれば釣りに出かけて行ったのだったそんな老人が亡くなり遺産が息子に引き継がれることになった。
老人の弁護士を務める男が息子に入ったついてきてください弁護士は老人の息子を連れて海の沖合まで行ってきたここは老人がよく釣りをしていた場所であるこれが鍵です弁護士は息子に貝殻を差し出した鍵息子は訝しみながら貝殻の鍵を受け取った。
お父様は書いて貯金をしていたそうです折に触れここを訪ねここからお金を落として貯めていたんだそうですはあ何言ってんだよそんなの流されて島に決まってんだろうがもったいねえなあとにかく確認してみましょう。
梅干しはそう言うと息子に潜水用の装備を渡し自分もそれを身につけ始めた期間息子は文句を言いながら装備を身につけた。
弁護士と息子は改定も食ったすると息子の持っていた貝殻の鍵が光輝き始めたそれと同時に二人の目の前にある岩がばっかりと割れて中から水泡とともに金塊が出てきた。
なんだこりゃどうやら書いて貯金に利息がついていたようですね2速配お父様は小銭をためていたようですがそれに利息がついたのです海底貯金の利息は地上のものとは比べ物にならないようですね。
老人の息子はその近海お持ち帰り限界をした金でテーマパークを作ることにした。
しかしその事業はあっけなく失敗に テーマパークは廃墟と化してしまったコツコツと老人のためたいさんには潤沢な利息が付いたがその遺産はまさに水泡に帰してしまったのである。